ちょっと 愚痴っても よか?

♪ 北~風吹く抜く 寒い朝も こころ~一つで あたた~かくな・・・・・らんかったバイ。
ま~、今日の朝の寒かったこと!
(くっそー、バッテリーが上がってしまったわい!)

寒いのは、心もタイ。

b0084961_17574997.jpg
(明日の朝も 寒いトやろね、月が こげーもきれいに出てきとるもんね~)

先日 わがテイシュの誕生日やったとよ。
でね、やさしい~~妻は 前の日に 子供にメールしました。
*明日はね、お父様の誕生日たい、待っとうごとあるけ、お祝いコールしてやって^^*
さて 当日の朝、起きてきたテイシュに聞きました。
「ねっ、子供たちから 電話か、メールない?」
「ないバイ」
「そうね」

夕方 テイシュが 仕事から 帰ってきて、やさしい妻「 ねっ、子供たちから 電話あったろお?」
「ないバイ」
「ん!そうなん。。。」

夜中の11時半に やさしい妻は、*メールでもいいから しなさい*と もう一度 馬鹿息子たちにメール。

誕生日の次の日の朝、優しい妻は テイシュに聞きました。
「ね、子供たちから 夜中におめでとうって言ってきとろう?」
「ないバイ」と携帯を開きながら テイシュ。

かわいそうな 父・母ですタイ。

あ~~あ、ばか息子たちを育てた人の顔 見たか~。

b0084961_17591760.jpg
(ちょっと ボケてしもうたタイね~、今年 初めて、ダイアモンドリリー)


この間 行った披露宴は、私のお花の先生でもある友達の息子さんでした。
とても りっぱな花婿殿でございましたよ。
楽しいおしゃべりとおいしいご馳走もいただき満足満足でありました。
。。。。。。お客さんとしてはね。。。

じゃが、私を この友達に置き換えて考えてみるとしよう、
やっぱり 息子の親としては、披露宴なんて、なんと、つまらんものか!
わかりきったことではあるけれど、披露宴なんて、花嫁の為にだけあるんじゃないですか~。
えーっえー、 花嫁の親は いいじゃろう、
「おかあさん、お父さん、私を ここまで 育ててくれて ありがとう・・・クスン、私は、お父さん、お母さんの子で幸せでした。。。。」なんて 手紙を読んでもらえる。

「おーーーい、息子よ、私だって、育てたんだぞ!」って 言いたくなるわい。

でも この友達は えらい!そんなこと ちっとも思ってない。

もし・もし、ばか息子が結婚する時が来たら、友達に コソッと言おうっとぉ、息子も 母に手紙を書いたほうがいいと思うよって 友達の考えとして、いうてやってって。
・・・・と 心のねじ曲がった小夏でした。アッッハハ~。
[PR]
by konatum | 2008-11-12 18:01

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum