大野勝彦さん


もう一か月になりますね。
でも この間 やっと みました。ふるさと発でしたか、大野勝彦さんのNHKの番組を。
ハイビジョンが映らない小夏おばさんの為に、友達が録画していてくれました。
ありがたいです、(ぺこり) それも二人が。

ティッシュ無しでは、見ることができませんでしたよ。
ジュルジュルと目から 汗が・・・。(いいですか、いつものヨダレじゃないのですよ)

両方の腕の関節のあたりから、事故で無くされてから絵を描かれたんだそうです。

その事故とは、農業機械を掃除していて 巻き込まれての切断だそうです。
その時に お母さんが近くにいらっしゃって、そのおかあさんに「機械を止めてくれー」と。
でも お母さんは、どうしたら 止められるかわからなくて…。

後に そのことで お母さんを責めてしまい、お母さんは、お母さんで、農業をしないっていってたのを 農業につかせ、その上 事故も自分のせいと ずっと 自分を責められていて。

ある日 お母さんが シャツのカウスの部分を切って 勝彦さんが着やすいようにされている姿を見て、自分の苦しみよりも お母さんの苦しみが・・・。
その時 何も言わずに手を動かしているお母さんの笑顔を見て・・・・。

b0084961_2294751.jpg
b0084961_2210215.jpg
b0084961_22104299.jpg

b0084961_22115992.jpg


ハガキを買っていました。(こんな風に載せちゃいけないのかな?なんとか権とかで・・・、もし
そうなら、ごめんなさいい)

本を買ってくれば良かった!

阿蘇に行かれたら、一度 どうですか?風の丘美術館でしたよ。

やさしい気持ちに・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://konatum.exblog.jp/tb/7027519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひーちゃん at 2007-06-27 22:48 x
とてもいいお話でした。
幸せは無くしてから気づいても遅いですね。
自分の幸せに気づくこと。そして感謝することですね。
ダメ人間の私だから、なかなか思い通りには・・(^^;
でも努力はしましょう。
Commented by usatyu4 at 2007-06-27 23:07
もっと早く教えてほしかったは。 先日阿曽へ行ったときその話を聞いていれば、じかんがあったら行っていたかもしれないは。
Commented by pomodoro0208 at 2007-06-28 00:59
ほんとにそうですね。なくなって初めて有り難味がわかる。
だから。。人間かもしれません。はがき大ですか?
一枚一枚に味があります。日々感謝する心が大切ですね。
Commented by marri at 2007-06-28 06:14 x
障害を持って、明るく生きる! そんな人が一番立派な人ですよネェ^^
そんな人を見たとき、アタシって駄目だなぁ~って思いますよ。
日々の生活を当たり前に受け止めることなく、感謝できれば・・・と思っています。良いお話をありがとう。
Commented by at 2007-06-28 06:23 x
感動、でした。お母さんと息子さんとどちらもつらい時間をいっぱい過ごされて今に至っておられるのですね。上手な絵も(星野富弘さんの作品みたいに)ご苦労が裏打ちされて意味深いですよね。それに比べて、、、私もMarriさんと同じく、駄目な自分に気づかされます。

絵葉書からカメラに、カメラからブログのルートですね。拝見できて、うれしく、ありがたかったです。
Commented by babakzk9271 at 2007-06-28 08:56
今日は朝から暑くて何故だか目から汗が流れます。
絵も言葉も絵葉書の一枚一枚が私に教えてくれます。
阿蘇に行く機会が出来たら必ず寄ります。ありがとう!!
Commented by aki母 at 2007-06-28 09:10 x
その場に居ながら我が子の叫びに、何も出来ないもどかしさや辛さ・・・。今となっては運命、その人に与えられた何か。母の今の生活も与えられた何か・・・今回の話からそんな事を思いました。
でも、元気にあと何年この世に居られるのかと思う時がある。残りの人生これでイイのかと考えるのは母だけでしょうか・・・?
Commented by udonn418 at 2007-06-28 16:44
私も筋ジストロフィー症の方が口で筆をくわえて描かれた絵を持っています。
本も読みました。
自分がいかに毎日ちゃらんぽらんに生きているのかと反省させられました・・・・
しかし、自分の悪いとこは、その気持ちをすぐ忘れてしまうことです。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:21
♪ ひーちゃん。
とっても やさしい絵で、強い絵でしょう。

感謝しなくては、ですよね。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:30
♪  うさこさん。
私も 五月に旅行に行って 初めて知ったんですよ。
今度 行かれたら、ぜひ 寄られてみてくださいね~。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:31
♪ あたふたさん。
絵手紙なんですよね。普通のはがきの大きさと 封筒の大きさとがありました。これは、大きい方ですよ。
木の葉の所の笑顔がなんとも、良いですね。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:33
♪ marriさん。
み~んな、そうなんですよね。当り前の幸せ、ありがたいことですね。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:35
♪ ミチさん。
私も そうです。
絵もすばらしいけど、字もとっても 奇麗なんですよね。私の字、恥しいわ~。
これは、カメラには撮らずにスキャンしたんですよ。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:39
♪ noraさん。
時差ボケは いかがですか?うらやましいよ~^^
義手に ゴムを付けて、そこに 筆をはさんで描かれるんですよ。
なのに、この力強い筆使いと やわらかな色使い、すごいです。
寄ってみて下さいね。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:41
♪ aki母さん。
時々 こうやって考えなきゃいけないよね~。
でも 思ったことが 継続しないんです。困ったもんだ・・・。
Commented by konatum at 2007-06-28 17:42
♪ うどんさん。
そうなんですよ~。ダメなおばさんが ここにも。
Commented by かもめ at 2007-06-28 19:29 x
ここまでに成るには、どんなに心の葛藤が有ったのでしょうね。
前向きに生きるのは素晴らしいです。
人の事を羨ましがってばかり居る私は、おおいに反省しないと!
Commented by rinko at 2007-06-28 22:20 x
作者の優しさがとっても伝わってくる絵と詩そして字です。
こうやってパソコンに向かえる事とっても幸せな事なんですね
感謝しなければいけません 反省です。
Commented by konatum at 2007-06-28 22:44
♪ かもめさん。
この今の当り前 感謝です!よ。
Commented by konatum at 2007-06-28 22:45
♪ rinkoさん。
暖かくなる絵でしょう、力強い絵でしょう。
乗り越えてきた人の絵なんでしょうね~。
Commented by 糸くぐり at 2007-06-28 23:53 x
こんばんは~☆
素晴しい詩、絵に感動しました。
前向きに生きる、ここまで来るのにどれだけの苦労が・・・!
私も勇気と元気を頂きました。
愚痴を言わずにがんばりたい<m(__)m>
Commented by かなかな at 2007-06-29 15:33 x
残念っ!見逃してるわ・・・。
なんて上手でステキな絵なんでしょうか!
私も風の丘美術館やね、行ったら買ってくるけん!(秋に友人と阿蘇へ行く予定です)
小夏さ~ん、ネメシアの種あまっているのなら是非ください!
嬉しいで~す。
Commented by 小夏 at 2007-06-29 15:34 x
♪ 糸くぐりさん。
私も、おもいはするんです、が、長続きしないんですよね。
あ~、反省です。
Commented by 小夏 at 2007-06-29 17:09 x
♪ かなかなさん。
行っておいでね~。ご本人もいらっしゃるときが多いらしいよ。
ここだけの話・・・普通のオジサンの様なんよ~。
Commented by iinaka at 2007-06-29 23:47
相田みつをさん、ひろはまかずとしさんは知ってましたが、大野勝彦さんは知りませんでした。感動しました。
Commented by 小夏 at 2007-06-30 21:08 x
♪ iinakaさん。
星野富弘さんは、口で描かれるけど、大野さんは、義手です。
どちらも すごいです。感動ですよね。
阿蘇に行かれたら、ここもどうですか?
by konatum | 2007-06-27 22:17 | Trackback | Comments(26)

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum