小夏のこの頃

その1.この頃 もったいないな~っておもう。

新聞で 毎日のように記事になってる子供達の自殺。せっかくの命がもったいないなって。
まだ 若いのに、生きていたいのに、愛するご亭主や子供達を残して、病気で亡くなった友達がいる、義姉がいる、今 病気と闘っている兄を持つ小夏にとって、とっても残念。

その2、この頃 やっと 庭の草抜きができるようになった。

でも しゃがみこんですると また ピッキーンとなりそうで怖いから、膝をついてする。
頭の中で イメージしてみると、そう、まるで、冬眠前の熊、あるいは、山から下りてきてしまった 親イノシシだ。
はぁ~。
このところ ずっと 雨が降らなくて 土がカラカラだから、ほこりの舞い立つのがすごい。
鼻の穴の中 真っ黒、まるで、北島のサブちゃんみたい。
はぁ~。

その3、相変わらず 胃薬から 離れられない。
今日も 診察に行った。
いつものように 浮き輪のように膨らんだ腹を先生が 触診しながら、
「小夏さん、体重チェックしてますか?食べ過ぎないように!これからの時期は、ほら 動物も 冬眠前に 太るでしょ。運動して、食事の量、、気をつけるように!体重減らしてください!」
「はい」明るく かわいく笑顔で、いつものように とりあえず 答えておいた。
「先生、あんたもね!」という言葉は、心の中で・・・。

そして 今日。

サンマルクでランチ。
気弱な小夏オバサン、勧められるまま、断りきれずに、いったい何個のパンを口に放り込み、胃の中に入れ込んだんだろう。
やさしさゆえに、わが身を犠牲にするのね。
そうよね~、断ると、かわいそうだもんね~。
美味しさは医者の言葉など、忘れさせるんもんだ。 いや~、最初から 入ってね~べか?

そして またまた、今日。
買い物から帰り着いて、はれ?バッグが無い。
あっ!カートにぶら下げてて、スーパーの中をウロウロ。
そのまんま!
あや~~~、どうしょ!
タラーと冷や汗。
現金はあきらめても、 カードが4種類入ってます。すぐに 電話しながら、友達の助手席に乗りスーパーへ後戻り。

忘れ物係りのところへ ちゃんと届いてました。
「貴重品ですから、印鑑か免許証か、保険証とかの身分照明を持ってきてください」
「でも 途中で気がついたから、もう 着いてるんですけど・・・」
「それでも そうしてください」
「は~~~い、わかりました」(くそっ・と心の声)
・・・と、また 我が家まで、戻ってきました。
あ~~~~~~あ、家に入れないよ、だって バッグの中に家の鍵・・--;
車の鍵も 家の中!だじぇー。

ま~色々で、とりあえず、カードも無事に、現金もそのまんま、小夏の元に帰って来ました。
よかった~~~~^^;

アホな小夏ですな~。


花の写真無いから、
お花の先生が 誕生日プレゼントって下さった
b0084961_23341113.jpgアレンジメント用の籠でも。

かわいいでしょうぉ、冬用のふわふわの籠です。

持ち手は 真珠!もどき。

さあ、何入れよ!
[PR]
by konatum | 2006-11-02 23:41

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum