紫陽花の季節です。

数日前の毎日新聞の余禄にありました。
インドの詩人 タゴールの詩を高良とみさんが訳されているそうです。

あかちゃんが眠る時 唇にほころぶ微笑
いったいそれはどこで生まれたか知ってる?
ええ 青白い若いお月さまの光が きえてゆく秋の雲のはしにふれたとき
つゆに洗われた朝の夢の中に。

赤ちゃんの手足ににおう あまいやわらかなみずみずしさ
いったいそれがそんなに永くどこに隠されいたのかしってる?
ええ おかあさまがうら若き乙女だったころ
やさしい沈黙(しじま)の愛の神秘の中に それは沈み込んでいたのです。

そして タゴールには 
「すべてのあかちゃんは 神様が人間に絶望していない
というメッセージを携えて生まれてくる。」
という有名な詩句もあるそうです。(すべて 毎日新聞です)

朝のワイドショーの秋田の事件をみてて 思い出しました。

ご近所の紫陽花 いただきました。  赤 白 ピンク
すごく 綺麗ですよ~。 
b0084961_924027.jpg


ピンクはふりふりです。
b0084961_93393.jpg


これに比べると 我が家の紫陽花は・・・。ちょっと 控えめに載せましょう。
b0084961_951988.jpg

b0084961_953889.jpg



今 小夏さ~ん(実名ではないですよ もちろん)と お隣さんが見えて
なんと! 夏椿と 姫さらを持ってきてくれました。うれし~~~。
実は 私 この二つの花 同じものと ずっと思ってました。アチャ~。
[PR]
by konatum | 2006-06-07 09:13

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum