寒いですよ、今朝は。

「ようし、歩くぞ!」と まだ、ちょっと暗いけど、張り切って 起きました。
でもね、外気温を見ると なんと、一度!!
「や~~~めた^^」と言うことで、投稿です。

昨日、親戚の息子の家の上棟式に行ってきました。
我が家の時は、省いたのですよね。でも、そこは、ド田舎です。
じっちゃん、バッちゃんが それを許しません。
そいで、これがあります。
b0084961_6235642.jpg

大工さん、施工主の関係者、それも 男のみ!が屋根の上から、まきます。
よその土地もする?
大きな餅は四隅モチ、紅白の二段重ねです。大きさを比べるのに、マジックペンを置いてみたよん。
屋根の上には、竹で作った弓矢、数メートルの五色の布が竹に結わえられて 風になびきます。
(写真撮ってくりゃ、よかったけどね)
このまきモチの袋の中のいくつかには、確か、施工主の年の数だけ、赤い布を通した五円玉が一緒に入ってる。
で、まあ、ホントに ド田舎だから、そのマキモチの数の多さときた日にゃあ、ねえ、皆様に送ってあげたいくらい拾いましたバイ
もうお正月には、おもち要らないくらいよ。
その餅まきが終わると、飲めや、歌えやの宴会です。
これがまた ド田舎なもんだから、豪華豪華のお料理です。それにこれまた 豪華なお弁当と菓子折り、お神酒のお土産つき。
そして、施工主は、大工の棟梁には、大きなご祝儀、その日だけのお手伝いの工事関係の人たちには、ちょっとだけ小さな袋の御祝儀、つうたって、十人くらいはお手伝いに来るんですよね~。
そして、親類、ご近所のお手伝いにも 豪華なお弁当、諸々。
なあ~んか、となり組の人たちにも、お弁当 配ってたような感じだったわさ。
だから、「祝上棟」って書いたお酒の数ったら、すごかったバイ@@

とても 貧乏な小夏家では、できませんでしたよ、「あ~、それ、これ、あれ、そこは、省きます」って感じでしたけど、ド田舎は大変だね~。。。。

んで、ちょぉと都会育ちのそこのお嫁ちゃん、あんまり うれしそうな顔してなくて、こそっと聞いてみたの。
「だって~、イオンも、サンリブも 遠いんですよ、こんな田舎で!それに言わないでくださいよ、すぐそこに 親とお兄さん夫婦が住んでる・・・・・」
そっか~、土地を 親からもらったったいね。
「へっへっへ、あたしに いわないでください、な~~んて 無理かも。。。へっへっへ」あたしゃ、ムクチでも六口の方だべ、そう、六つ口があるくらい おしゃべり好きよ~~ん、なのよ・・・と心の中。

わかるよぉ、いろんなことがド田舎だもんね~、これから先、頑張れ~~~!だよ。


んで、その豪華な料理を 腹に押し込んだ小夏おばはん、いや~~~ん、1キロ半、順調に回復ですねん。
もう、いや~~~ん。







テイシュが 時々、言うのさ。
「お菓子 作って、職場に 持っていくから・・・」

男ばかりの職場でも 結構 評判いいんですって。アタシの作った色んなお菓子。
今回は 小さく切った(もらいものの)サツマイモとラム酒付のレーズンいりのパウンドケーキ。
b0084961_6524625.jpg


超簡単で、結構おいしいべな。
[PR]
by konatum | 2009-12-07 06:56

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum