大変ですね。

「あのね、母から 連絡があって、足が立たないっていうんよ、あわてていたもんで、連絡できなくて ごめん」と 体操教室を休んだ友達から、夕方になって、連絡が入りました。

十数年前に 軽い脳梗塞をされていたお母さん、一人暮らしをされてて、この頃 お年のせいもあって ちょっと 大変みたい。
朝、昼 夜と 一日三回以上 様子を見に行くんだって。
食事は 火を使わせないようにして 全て 用意をしてあげるんだって。

デイケアには、行かない、と言われるらしい。ヘルパーさんが 家の中に入るのも お嫌らしい。

で、足の立たなくなってしまったお母さんのトイレの為に 夜10時半ごろ 一度行って、朝5時頃、また行って、ご主人を仕事におくり出した後、また お母さんの所に行くという。

車で 30分くらいかけて。

「あのね、要らぬお節介かもわからんけど、 冷たいって思うかもしれんけど、ショートステイとか、あるんよ。介護する人が ギリギリの状態では、ついつい 辛い言葉が出てしまうこともあるよ。笑顔で、接することできなくなるよ」

そう 思うんだけどな~。


昨日 映画に行きました。その入口で ばったり 知り合いに。
「あれ、仕事は?」って聞いたら、「母のことが あって、やめたんよ、」

二年前の夏に 自宅の階段から 落ちて、それを 見つけたのが、二時間後のこと。
脱水状態で 救急車で、病院に行き、2ヶ月間入院、なんとかっていう難しい病気で 体の筋肉が だんだんと 言うことをきかなくなるらしい。
で、自分の家の近くの老人施設に。
その後、お母さんの家は 処分したけど、この頃になって、お母さんが 家に帰りたいって言われるらしい。
体は、その病気のせいで ほとんど機能はしてないけど、頭はしっかりとされていて、涙を流しながら、そう言われると、早まったことしたと 後悔するって。

「この頃 毎週 映画に来るんよ。これから、母の所に行くんよ。ここで、気晴らしをして、行かんとね。自分の元気をあげてこんといけんから、少しでも 気持ちを 明るくしようと思って。」
「そうよお、頑張り過ぎんように、しないとね。まず、自分が元気でなきゃ、ね。良いことよ」


私たちの年ごろ、介護年齢です。みんな、辛いよね。
[PR]
by konatum | 2009-02-07 00:30

中年おばさんのつまら~んしゃべりと花自慢^^


by konatum